ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

形態素解析 JTAG

昨今、ネット上にはニュース・クチコミ・ブログなど様々なスタイルのテキストが膨大に存在しています。これらのテキストから有効な情報を取り出して提示するサービスの実現には、テキストに何が書かれているかを解析する必要があります。形態素解析とはテキストを単語分割し、各単語の品詞や読みなどの基本的な単語情報を出力する技術です。 JTAGは大規模な単語辞書と単語連接規則を利用して高速・高精度に形態素解析を実行します。単語や読み情報を利用すると、キーワード抽出や検索・音声サービスなどが実現できます。更に他の言語処理と組み合わせると、評判情報抽出や要約などの高度な言語処理サービスへの展開も可能です。このようにJTAGは言語処理サービスを支える重要な基盤技術の1つです。 近年発展しているtwitterでは、"ふぁぼる""おはあり"といった独特の言い回しや顔文字など、新しい言語表現が急激に増加しています。JTAGではこれらの言語表現を幅広く辞書登録することで、多様なテキストを高精度に解析することが可能です。本技術により様々なスタイルのテキストを対象とした言語処理サービスの創造に貢献することを目指しています。

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。