冊子PDFダウンロードPDFダウンロード

最新号

最新号の表紙

NTT技術ジャーナル 2019年10月号
発行日 2019年10月1日

2019 vol.31 No.10

更新情報RSS

2019/10/11
10月号の目次と記事の概要および主要記事全文、11月のイベントを掲載しました。

最新号の主な記事

トップインタビュートップインタビューのタイトル

名前五味 和洋 / 所属NTT Research, Inc. 代表取締役社長

シリコンバレーのど真ん中で勝負 ―― Open Mindedが社会のあり方を根本から変革する

量子コンピュータ、ライフサイエンス、そして、暗号情報の3研究所を携えてNTT Research, Inc. がシリコンバレーの中心地、パロアルトに2019年4月発足しました。新たな人材エコシステムの構築を模索し、社会の構造を根本的に変革する基礎研究に取り組みます。オープニングセレモニーではアカデミア、ビジネスの双方から激励を受け、滑り出しは好調です。人的ネットワークの重要性も知り尽くしたトップはどのような舵を切るのか、五味和洋NTT Research, Inc. 代表取締役社長に今後の展望を伺いました。

特集特集のタイトル

研究開発の強化・グローバル化に向けたNTT Research, Inc. 始動

2018年11月のNTTグループ中期経営戦略「Your Value Partner 2025」において発表したNTT Research, Inc. は、5〜10年後の事業創造をめざして、全く新しい技術のタネをつくる基礎研究を行う。最初に取り組む「量子物理科学」「情報数学理論」「医療健康情報」の3分野において、革新的な技術を生み出すことを目標とする。本特集では各研究所の取り組みを紹介する。

from

NTT西日本

道路路面診断ソリューション ―― AI解析技術を用いて道路管理の効率化

NTTフィールドテクノでは、インフラ設備の構築、保全にかかわるノウハウを活かして、社会インフラの維持をテーマに新規ビジネス創出に取り組んできました。今回紹介する道路路面診断ソリューションでは、全国の自治体が抱える大きな課題である、道路の舗装点検にかかるコストと労力に対して、NTTグループの保有するAI(人工知能)技術等を活用し、新たな点検手法を確立することで、低コストで効率的な道路の点検を実現させました。

つづきを読む

テクニカルソリューション

 

地下メタルケーブル保守稼動削減に向けた「圧力発信器チェッカー」の開発

道路などの地下に敷設されている地下メタルケーブルには、メタル心線の電気的特性を良好な状態で保てるように乾燥空気が供給され、複数個所に設置された圧力発信器で供給区間の状態(乾燥空気の圧力)を遠隔で把握しています。しかし、圧力発信器の故障が疑われる場合であっても、その正常性を遠隔にて確認することが困難な状況でした。そこで今回、NTT東日本技術協力センタでは、圧力発信器の正常性判断を遠隔で行える「圧力発信器チェッカー」を開発しましたので紹介します。

つづきを読む

Event Reports

 

NTT Research, Inc. 開所式を開催

NTTおよびNTT Research, Inc.は、2019年7月8日に、米国パロアルト近郊にてNTT Research, Inc.の開所式を開催しました。ここでは、本開所式の開催模様を紹介します。

つづきを読む

グループ企業探訪

NTTデータ先端技術株式会社

蓄積した最先端技術でオープン系ITシステム基盤の設計・構築を支援

NTTデータ先端技術はITシステムの基盤(プラットフォーム)構築、運用監視をはじめとしたITプラットフォーム関連事業、セキュリティ事業を展開している。昨今、セキュリティに関する話題が取り上げられる中、蓄積された高度な技術とノウハウをNTTデータグループ各社と連携しながらお客さまへ提供している。設立20周年を迎えた現在の事業環境や今後の事業展開について青木弘之社長に話を伺った。

つづきを読む

グローバルスタンダード最前線

 

ASTAP-31およびAPT WTSA-20準備会合報告

APT(Asia Pacific Telecommunity)におけるICT分野の標準化活動の強化、地域として国際標準の策定に貢献することを目的としたASTAP(APT Standardization Program)の第31回総会(ASTAP-31)が2019年6月に東京で開催されました。ここではASTAP-31の結果報告、および2020年に予定されているWTSA(World Telecommunication Standardization Assembly)の第1回APT準備会合の状況を報告します。

つづきを読む

世界の潮流

 

インドネシアにおける光アクセス技術支援

NTT東日本国際室は、インドネシアPTテレコムとの技術交流や研修受入れ等を通じて、共に通信インフラ品質の向上をめざすことで、通信キャリアとしてのパートナーシップ維持・強化に努めてきました。ここでは、現在、インドネシアで実施しているFTTH(Fiber To The Home)の展開や運用・保守の取り組みを中心に紹介します。

つづきを読む

Focus on the News

 

光を用いたコヒーレントイジングマシンと超伝導量子ビットを用いた量子アニーリングマシンの計算性能を実験で比較

つづきを読む

世界でもっとも広い241ギガヘルツの帯域を有する増幅器ICを実現

つづきを読む

横浜市、東急、NTTドコモ、NTTが、住民主体のまちづくりの活動をICT・IoT技術で加速する新たな取り組み「データ循環型のリビングラボ」共同実証実験を開始

つづきを読む

実世界を反映した高精度デジタル情報の掛け合わせによる革新的サービスを創出する「デジタルツインコンピューティング構想」を策定

つづきを読む

  • NTT Technical Review Onlineのバナー
  • YouTube NTT公式チャンネル「私たちの未来と開発技術」のバナー

ページトップへ